中村舎ものがたり~その二

いなべ地域お越し協力隊のメンバーさんから連絡を頂き、実際にその古民家に伺うとそこには、いなべ市長も同席されていて驚きました。


それは、いなべ市管理となっている古民家でした。外は草が腰の高さほどまで生い茂り一見荒れ果てたように見えました。

昔、医院であったそのお屋敷には立派な門や診察室の待ち合い室、処置室であったであろう部屋などがあり、母屋には大きな竈が2ヶ所も綺麗に残っており当時その竈から、たくさんお湯を沸かし湯気の揚がる中、慌ただしく処置をしてみえる今で言う看護士さんの姿さえ思い描く事ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です